ParaView

T610 ParaView tips

この記事は約2分で読めます。

ParaViewの操作の覚書です。項目が増えたので分割しました。T610 ParaView tips 2

表示

番号表示(節点,要素)(Ver5.8.0)

番号の確認を行っています。
・Find Dataアイコンでウィンドウを表示
・エンティティ選択アイコンで対象をクリック

コンタのカラー変更(Ver5.8.0)

コンタの色はテンプレートがあり、以下のアイコンから選択できます。

コンタ色設定 Ver 5.8.0

コンタ色設定

色編集(Ver.5.9.0)

editボタンから編集できます。

サンプル

よくある配色にしてみました。
読み込んで使用します。

7区画

サンプルデータT610_color_7sec.json

12区画

サンプルデータT610_color_12sec.json

カラーファイルの書き出しと読み込み

編集したカラーセットは保存したり、読み込んだりできます。(json形式)

カラーセットの保存

領域ごとのカラー設定

結果の種類に関係なく、部位ごとにカラーを設定したい場合の一例です。
図はしきい値(threshold)で領域を設定した部位のカラーを設定しています。

奥行表示(鳥瞰)の切り替え(Ver5.8.0)

Camera parallel Projection で奥行表現が切り替えられます。(CADっぽい表示)

奥行表示
奥行表示なし(CADっぽい表示)

コンタバー表示(Ver5.8.0)

バーの下をドラッグして表示を変更できます。

コンタバーの表示

変形図 倍率

以下のアイコンで変形ビューを作成し、スケールを変更する。

複数ウィンドウ

カスケード表示する場合にはアイコンをクリックしてビュー種類を選択します。

コンタ値の分離

複数ビューにおいて、コンタ値をビュー毎にする場合、セパレート設定にしておきます。

複数画面動画保存(アニメーション)

複数表示した状態でScreenshotやAnimationを保存する場合には保存ウィンドウでSave All Viewsにチェックをいれます。 (Screenshot、Animationは Fileメニューから)

カラーパレット

Solid colorや、要素のエッジ色を変更したりします。Sttingsまたはパレットのアイコンから設定ウィンドウを表示します。(要素エッジの色を白とした場合)

グリッド線表示


スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました