Elmer

T510 ElmerGUI tips

この記事は約2分で読めます。

 ElmerGUIの覚書です。

設定

並列計算の設定

mpiexec.exeのパスを指定します。(インストールしていない場合にはダウンロード(Microsoft MPI)してきます)
Argumentsの「-localonly」を「-n」に。

バッチ処理 

必要なファイル(要素ファイル等)をフォルダに格納して、以下のbatファイルを実行します。
(適宜、ディレクトリを移動して実行させます)

batファイル実行
"G:\Program Files\Elmer 8.4-Release\bin\ElmerSolver.exe" case.sif

elmerのexeを指定して(パスにスペースがあるのでダブルクォーテーションをつけます)、sifを続けます。

類似 T204 CalculiXの解析実行(バッチ

入力

テーブル形式

下記は、Pressure1に時間0から500秒までに1上昇し、500秒から1000秒まで1で一定にするよう、入力したものです。
Pressure1にカーソルを合わせてリターンキーを入力すると、テキストウィンドウが立ち上がりますので、図のようにテキスト入力します。

Variable "time"
Real
0 0
500 1
1000 1
end

表示

奥行表示の切り替え

平行表示と鳥瞰表示の切り替えを行います。

操作

境界分割

読み込んだメッシュに境界条件を設定したい部分だけに分割したい場合があります。
エッジを分割する場合ですが、一旦、全部選択して、分割実行すると分けることができます。
3D要素での面分割も同じようにできます。

エッジ全選択
エッジ分割

収束判定 

収束判定値を絞ると結果が変動します。

以下、水圧の計算
表面は本来0ですが、収束判定値でずれます。

収束判定値1.0e-5 表面圧力-3.3e-02Pa
収束判定値1.0e-1 表面圧力-9.5e+01Pa

スケール

形状や要素はmmで作成しているが、mの単位系で操作したい場合にはスケールを1/1000にします。
X,Y,Zで係数掛けされるようです。(スペースで区切る)(下図 0.001 0.001 0.001)

コメント

タイトルとURLをコピーしました