解析作業

A213 過渡応答(変位)

A212 質量要素 過渡応答(質量法確認)では土台に質点を作成して動かしていますが、こちらは、拘束して、モデル全体に加速度をかけてみます。(たしか変位法と呼ばれています)こちらの利点はドリフトが起こらないことです。 ベースと...
解析作業

A212 質量要素 過渡応答(質量法確認)

伝統的な過渡応答の方法を試してみました。 対象 梁 ビーム要素 質量要素を作成して加速度を付与します。 参照:A210 例題J 質量要素、A160_2 片持ち梁の解析 動解析(CCX)質量・加速度を用いた...
解析作業

A160_2 片持ち梁の解析 動解析(CCX)

CalculiXを用いて動的な梁の計算を行ってみました。(時刻歴過渡応答) モデル 元のデータはA160_0になります。 変更内容 固定端のY方向に波形の強制変位を与えます。入力していた荷重条件...
解析作業

A450 自由振動

CalculiXにて、自由振動させてみました。(参考:K201 自由振動、T821 1自由度系の自由振動 ばね引張によるもの) 変位表示 ParaView 対象 spring,damper ばねを...
解析作業

A174 超弾性

片持ち梁のモデル(A111 片持ち梁 引張)を用いて、超弾性の材料を使ってみました。 ベース 対象 片持ち梁 ソリッド要素 モデル化: FreeCAD(0.2) ソルバー :CalculiX...
Translate »
タイトルとURLをコピーしました