解析作業

A711 ポアズイユ流れ

この記事は約2分で読めます。

ポアズイユ流れ Elmer
ポアズイユ流れ

Elmerを用いてポアズイユ流れを行ってみました。
物性値がkg m 系の表現が多いので、この系にしています。

形状はA710 水圧を使用しています。

対象 流体

ジオメトリ作成: FreeCAD

プリプロセッサ:ElmerGUI

ソルバー :Elmer

ポストプロセッシング:ParaView

条件: (参考 K091 ポアズイユ流れの計算

水:密度 998.3 kg/m3 (過渡解析時)
粘性μ:1.002e-3 Pa・s

結果

流速はおおよそ計算式と一致します。

流速の計算は以下になります。

\begin{align}
\small  u = \frac{1}{2μ}\Biggl( ー\frac{dp}{dx}\Biggl ) (h-y)y
\end{align}

作業

FreeCADで100×10mmの平面形状を作成します。
T131 モデリング

水圧計算用ジオメトリ
ジオメトリ

作成したジオメトリを用いてsalomeで要素を作成します。
また、境界条件設定用のエッジ要素グループも作成します。
T405 メッシュ作成 例

作成した要素をElmerGUIに取り込んで条件設定します。
(参考:T521 Elmer 作業例

Equation
Navier-Stokes で Convectのチェックを外します。

Material
Material library からWater(room temperature)を選択。

Boundary condition
Boundary condition1
左側の流入側に1Paの圧力設定をします。
速度:X方向はフリー(流動)とし、YZは0で固定します。

Boundary condition2
上下に壁(平板)の設定をします。


Boundary condition3
右側の流出側に0Paの圧力設定をします。
速度:X方向はフリー(流動)とし、YZは0で固定します。

結果をParaViewで確認します。

サンプルファイル : A711.zip (参照:ファイル構成

コメント

タイトルとURLをコピーしました