CalculiX

T213 MPCの使用

この記事は約1分で読めます。

節点グループを拘束します。

MPC 面指定

対象 両持ち梁 ソリッド要素

両持ち梁の解析について、一方の上面をMPC平面で固定化しました。

モデル化:FreeCAD、salome、テキスト修正

条件:計算シートの内容に準拠(K041 断面性能 四角断面A112 両持ち梁 曲げ

左端固定, 右端:下向きに1mm強制変位

梁断面:10㎜×10㎜ ヤング率 210000MPaとしている。

MPC条件:下図の近傍節点をMPC節点として定義

サンプルファイル :T213_mpc.inp,T213_elem_node.inp

結果

対応する節点の位置関係が拘束されます。

注記

面のほかにラインとポイント間があります。

**面固定 
*MPC  
PLANE,2,7,240 

**線固定 
*MPC  
STRAIGHT,2,7 

**点間固定 
*MPC  BEAM,2,7

コメント

タイトルとURLをコピーしました