解析作業

A641 熱伝達解析 Elmer

この記事は約2分で読めます。

Elmerにて熱伝達設定を確認しました。定常にて行っています。

対象 平面要素

2D要素をもちいて、熱伝達の解析を行ってみました。
元となるデータはA631,A640になります。

参照A631 熱伝導解析 Elmer

モデル化: FreeCADにてモデル化

ソルバー :Elmer

ポストプロセッシング:ParaView 5.9.0

条件 : 

計算シート XK084 熱伝達計算(保留)

梁断面 10㎜×100㎜ 

温度条件:初期温度300K → 変更後温度500K
(端面に固定温度500K設定)

伝導率:43.00 W/m/K (ミリトン系と変わらないのでSI表示)

比熱:590 J/kg K

密度:7900.0 kg/m3

熱伝達係数:100 W/m2K

作業: 下記

結果

温度(軸方向)
項目 値 (K)
最大温度 500
最小温度 462.3
軸方向温度(K)

端面に放熱部があるので、温度分布が見られます。
A640で同様の解析を行っていますが、こちらの方が正確のようです。

作業 

A631 熱伝導解析 Elmerがベースになります。

Setup

定常 Steady state に設定します。

Initial condition
初期条件に温度300Kにしておきます。

Boundary condition

図の右端面に熱伝達率の設定をします。

サンプルファイルA641.zip

コメント

タイトルとURLをコピーしました