salome

T404 ジオメトリ Tips

この記事は約4分で読めます。

作業Tips

salome(VerXXX)で作業する際の覚書です。

寸法計測

stepファイルの読み込みスケール

stepファイルの読み込みスケール

stepファイルを読み込むとき、Noにするとmmとして読み込んでくれます。(1000倍)

グループ化

以下のコマンドからグループ化のウィンドウが立がります。
グループ化しておくと、要素作成後の要素グループ作成で使用できます。

ジオメトリグループ化

点・線・面・ボリュームのエンティティを選択して、形状を選びます。

グループ化 ソリッドのサーフェス

埋没しているパーツのサーフェイスをグループ化します。
ソリッドのグループを選択して単独表示させてフェイスを選びます。(動画は全部選択)

グループ選択 一時非表示

内部に隠れているような部分をグループ化する場合、覆っている部分を非表示にして選択できます。
Create Group > Hide select (選択してあるフェイスが非表示になる)

グループ化(stl) (Ver9.9.0)

stlファイルをジオメトリとして読み込んでグループ化できます。
それらを個別に出力できます。しかし、グループ名をドメイン情報として書き出してはいません。

Group_1.stl

solid 
 facet normal -1.000000e+00  0.000000e+00  0.000000e+00
   outer loop
     vertex -1.555700e-02 -2.028200e-02 -2.235174e-10
     vertex -1.555700e-02  1.571500e-02 -2.235174e-10
     vertex -1.555700e-02  1.571500e-02 -1.000000e-02
   endloop
 endfacet
 facet normal -1.000000e+00  0.000000e+00  0.000000e+00
   outer loop
     vertex -1.555700e-02 -2.028200e-02 -1.000000e-02
     vertex -1.555700e-02 -2.028200e-02 -2.235174e-10
     vertex -1.555700e-02  1.571500e-02 -1.000000e-02
   endloop
 endfacet
endsolid

ドメインを記入

solid Group_1
 facet normal -1.000000e+00  0.000000e+00  0.000000e+00
   outer loop
     vertex -1.555700e-02 -2.028200e-02 -2.235174e-10
     vertex -1.555700e-02  1.571500e-02 -2.235174e-10
     vertex -1.555700e-02  1.571500e-02 -1.000000e-02
   endloop
 endfacet
 facet normal -1.000000e+00  0.000000e+00  0.000000e+00
   outer loop
     vertex -1.555700e-02 -2.028200e-02 -1.000000e-02
     vertex -1.555700e-02 -2.028200e-02 -2.235174e-10
     vertex -1.555700e-02  1.571500e-02 -1.000000e-02
   endloop
 endfacet
endsolid Group_1

それぞれのファイルにグループ名などを記入して、
一つのファイルにまとめると、ドメイン指定したファイルができあがります。

▼3つのグループを一つのファイルに(下記はグループ1とグループ2の部分)

・・・グループ1の範囲
     vertex -1.555700e-02  1.571500e-02 -1.000000e-02
   endloop
 endfacet
endsolid Group_1
solid Group_2
 facet normal  1.000000e+00 -0.000000e+00  0.000000e+00
   outer loop
・・・グループ2の範囲

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました