CalculiX

T200.1 CalculiX Tips2 Launcher

この記事は約1分で読めます。

CaliculiXにはプログラムのランチャーが付属しています。
その覚書になります。

計算実行

参照: CalculiX 実行

メッシュ変換

salome、Gmesh等で作成したunvファイルをinp形式へ変換してくれます。

グループ化した節点も変換してくれます。

3.4ではグループ化した表面要素は処理から除かれるようです。

helpにもありますが、salomeからの変換では同種の要素タイプで行う必要があります。(板と線の要素を同時に行えない)それぞれにファイルを分ければ行えます。

エディター機能

ファイルを選択して、Editボタンを押すとエディタが起動します。
inpファイルに対してフォーマット設定されているので、
作業しやすくなっています。

テキストエディタ起動
テキストエディタ

CGX(グラフィック表示)

結果表示 CGX

frdファイルを指定して、結果をグラフィック表示させます。

datのグラフ表示

datファイルのグラフ化

解析実行時にdatファイルへの書き出しを指定しておくとランチャーでグラフ化できます。

サンプルファイルccx_multi.dat

コメント

Translate »