FreeCAD

T121 FreeCAD Tips 製図

この記事は約2分で読めます。

FreeCADで作業する際の覚書です。主にTechDrawのモジュールについてです。

標準的な手順

以下に記載しています。

T122 FreeCAD 製図

スプレッドシートによる部品表

TechDrawの図面にスプレッドシートを挿入するアイコンで作成します。
挿入した表のプロパティにセル範囲を指定する項目があるので入力します。
スプレッドシートはリンクされており、また、外部のエクセル等からペーストできます。

FreeCAD 部品表
スプレッドシート挿入
セル範囲指定

サンプルファイル : ge_Fa_101_tana.zip

エイリアス(寸法関連付け)

スプレッドシートのセルにエイリアスを付けて寸法を制御します。(T112 FreeCAD 寸法のテーブル化
下図は面取りをdim.c1(スプレッドシートdimのエイリアスc1としたセルの値)をモデルの面取り寸法に関連付けて変更した場合になります。
寸法入力欄にあるfxのマークをクリックして入力欄にdim.c1と記入します。(サンプルファイル:R010 素材集

スプレッドシートの文字型

スプレッドシートに数字を入力すると数値表示されますが、シングルコーテーションで実数表示になります。下記 '1 で入力

FreeCAD スプレッドシート

コメント

タイトルとURLをコピーしました