伝熱

K092 輻射計算(面温度)(仮)

この記事は約1分で読めます。

輻射面温度の簡易確認用です。閉じた系・単位はm,K,Wを想定しています。

---------------------------------------------------------------------------
【入力】温度T1: 温度T3: 輻射率ε1: 輻射率ε2: 形態係数F12: 長さL: 熱伝導率λ:
 ステファンボルツマン定数: 許容差:0
入力(初期値が強制で入ります(結果欄で確認))
項目 項目 項目
T1 T2 T3
ε1 ε2 F12
L λ SB
許容差(%)

形態係数(F12)は固定しています。許容差は0.01以下にはできません。
初期値モデル:A652 輻射の解析 Elmer 定常と同じ

計算モデル図

■計算内容
 輻射熱量と構造からの伝熱量が釣り合う温度を探しています。(σ=SB)

\begin{align}
q_{emi} = \frac{σ(T_1^4-T_2^4)}{\frac{1}{ε_1}+\frac{1}{ε_2}-1}
\end{align}

\begin{align}
q_{con} = λ\frac{dT}{dx}
\end{align}

\begin{align}
q_{emi}F_{12} = q_{con}
\end{align}

■課題
 効率化してませんので、都合200K差くらいまでしか実行できません。

■参考:K091 放射熱量
K090 形態係数

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました