強度特性

K050 片持ち梁 引張と曲げ計算式

この記事は約1分で読めます。

引張について

参照 : K051 引張について 計算
   A111 片持ち梁 引張

以下、引張の計算式

【入力値】
長さ L(mm)
断面幅 b (mm)
断面高さ h (mm)

引張荷重 P (N)
物性値 ヤング率 E (N/mm^2)

【出力値】
変位 (mm)
応力 (N/mm^2)

【計算内容 引張】
断面積 A = b × h (mm^2)
変位 ⊿L = P × L / A / E (mm)
引張応力 σ = P / A (N/mm^2)

片持ち梁 引張

曲げについて

参照 : K052 片持ち梁 曲げについて 
   A110 例題A 片持ち梁の解析
   K041 断面性能計算 四角断面

【入力値】
長さ L(mm)
断面幅 b(mm)
断面高さ h(mm)

引張荷重 P(N)
物性値 ヤング率 E(N/mm^2)

【出力値】
変位(mm)
応力(N/mm^2)

【計算内容 曲げ】
モーメント M = L × P (N・mm)
縁までの距離 Y = h / 2 (mm)
断面二次モーメント I = bh^3/12
断面係数 Z = I × Y (mm^3)
変位 y = P × L^3 / 3 / E / I (mm)
引張応力 σ = M / Z (N/mm^2)

片持ち梁 曲げ

コメント

タイトルとURLをコピーしました