CalculiX

CalculiX

T207 要素種類の確認 tips

CalculiX(2.16)について 要素種類で挙動が変わるので確認しています。曲げに対して不正確でも、対象の挙動にあまり関係なければ使用できる場合もあります。適切に選択する必要があります。基本的には二次要素を採用することになりま...
CalculiX

T224 応力集中 板要素

孔のある構造を引張って、応力集中を観測してみました。要素は四角形と三角形要素からなり、これらの要素を使用するのが目的です。元となる作業はA420 応力集中 になります。そちらは四角形と三角形要素を押し出しにより六面体と三角柱要素か...
CalculiX

T202_1 ビーム要素の確認

引張圧縮 曲げと引張挙動の確認をしました。 対象要素 要素図 B31R:2節点の要素 B32R:中間節点のある要素 結果 B31R:引張挙動が正しく、曲げ挙動が不正確 B32R:引張...
CalculiX

T206 要素面のルール

CalculiXでは要素面上に条件を設定する場合、面番号を参照しています。複雑な接触面などを定義したい場合、手ごろなプリプロセッサが見当たらないので作成用に条件を整理しています。 六面体 ヘキサ要素 サンプル ** ...
A構造解析

A091 レーリー減衰

時刻歴過渡応答用 (参考:ccxでの計算 A160_1 片持ち梁の解析 動解析(CCX 陰的)) 入力 項目 値 振動数f1 減衰h1 振動数f2 減衰h2 計算値1 項目 値 内...
Translate »