CalculiX

CalculiX

T218_2 剛体接続制御

剛体版に円管を接続して回しています。嵌合部品を操作するような場合を想定しています。 以下の円管を参照しておこないます。 剛体について 接着について 対象 形状 ...
CalculiX

T218 剛体

要素を剛体とした場合の確認になります。 回転 対象 形状 中心を原点(0,0,0)に設置 境界条件 要素を作成して剛体として扱います。剛体を制御するための節点を作成します。(節点番号2000(併...
CalculiX

T250 CalculiX deck tips

コピー&ペースト用に整形サンプルを置いていくページです。 基本構造 **最小の必要な項目をまとめています。項目ごとに設定を作成していきます。 **//////////////t911出力可///...
CalculiX

T217 BAR and PLATE

バー要素とプレート要素を組み合わせた場合の作業になります。 Bar接続 対象 形状 荷重は任意で変更 基本は下向きにします。 ①②はBAR要素で作成、③は板要素とします。接続用の②は剛になるよ...
CalculiX

T216 板要素について

CalculiXの板要素についてメモしてます。 2D・3D出力比較 ベースとするデータはA110 例題A 片持ち梁の解析のシェル要素です。10 x 10 x 100 mm 曲げ方向荷重1000N 要素サイズ1...
Translate »
タイトルとURLをコピーしました