ツール

CalculiX

T224 応力集中 板要素

孔のある構造を引張って、応力集中を観測してみました。要素は四角形と三角形要素からなり、これらの要素を使用するのが目的です。元となる作業はA420 応力集中 になります。そちらは四角形と三角形要素を押し出しにより六面体と三角柱要素か...
CalculiX

T202_1 ビーム要素の確認

引張圧縮 曲げと引張挙動の確認をしました。 対象要素 要素図 B31R:2節点の要素 B32R:中間節点のある要素 結果 B31R:引張挙動が正しく、曲げ挙動が不正確 B32R:引張...
CalculiX

T206 要素面のルール

CalculiXでは要素面上に条件を設定する場合、面番号を参照しています。複雑な接触面などを定義したい場合、手ごろなプリプロセッサが見当たらないので作成用に条件を整理しています。 六面体 ヘキサ要素 サンプル ** ...
CalculiX

T221 熱伝達解析2

下図のような状態に置いたもの(cube)の上面の温度を求めます。(フォーマットデッキ:FILM) ice cube 熱伝達解析条件 対象 六面体要素 室内に氷(のようなもの)を置いた場合の解析を行いました。 ...
CalculiX

T211 ばね定数確認

ばね要素を介した解析になります。(参考: A152 片持ち梁 ばね要素) ばね要素の解析 CalculiX 解析ファイル 以下 CalculiX 解析ファイル ** Nodes *Node, NSET=...
Translate »
タイトルとURLをコピーしました