ParaView

T921 テキスト処理toVtk(仮)

この記事は約2分で読めます。

Vtkファイルへの変換

参照ボタンから対象のファイルを選択してください。

 節点リナンバ
 変位出力
 応力出力
 ひずみ出力
 温度出力

情報

■frd形式(CalculiXの結果ファイル)をvtk形式にします。(calculixの結果ファイルからParaviewの読み込みファイル(レガシー))
Vtk変換を行う場合には、節点・要素を1から昇順にしておく必要があります。(ParaViewが落ちます)
■ビーム・シェルは計算時に内部的に変換されるため、対応できていません。
■サンプルを作成しながらデバッグする予定です。。。
■サーバーの都合なのか、処理が重くなると最後まで完走できていません。10MBで節点のリナンバなしが限度です。

対象範囲

■要素:四面体・五面体・六面体
■節点リナンバ:Vtkの仕様上、要素を構成する節点番号を1から設定するための処理
■応力:ミーゼスについては計算を行っています。

セキュリティ

■ファイルをアップロードする必要があります。
(「加工する」ボタンを押すとアップロードされます。ファイル名を指定してもロードしません。)
■作業が実行される(加工する)とファイルは乱数名に書き換えられアップロードされます。
■作業終了または、作業できない場合でも、アップロードしたデータは強制削除されます。
■アップロードできるファイルサイズは10MBまでに制限しています。
■機密性の高いものは避けて、モデル分割等を検討してください。

参照

■用いたページはタグにt921があります。(もしくは検索で)

コメント

タイトルとURLをコピーしました