OpenFOAM

T721_001 flange

この記事は約5分で読めます。

OpenFoamのサンプル確認(パラメータやキーワードの覚書)です。

バージョン : Windows版(OpenFOAM-v2106-windows-mingw.exe)

チュートリアルフォルダ:チュートリアル場所(windows)

引用元

<チュートリアルフォルダ>\basic\laplacianFoam\flange

結果図

モデル 温度変化図                              断面図

熱伝導のモデルになります。

作業

//チュートリアルからサンプルをコピーしておきます。//

//リソースフォルダからflange.ansファイルをコピーします。//

//コマンド:メッシュ作成
ansysToFoam flange.ans -scale 0.001

//計算実行//
laplacianFoam

//ParaView用VTK変換//
foamToVTK

モデル

設定値の抜粋まとめ

全体構造

//初期フォルダ・ファイル構成
flange                     
├ 0.orig              :0.origから0にする。    
│ └ T                :温度境界条件
├ constant                
│ └ transportProperties  :DT              4e-05
├ system                  
│ ├ controlDict          :解析ジョブ設定
│ ├ decomposeParDict     :並列計算設定
│ ├ fvSchemes            :ソルバー設定
│ └ fvSolution           :ソルバー設定
├ Allclean                :フォルダ内を初期に戻す
├ Allrun                  :処理実行
└ Allrun-parallel         :処理実行(並列)

設定確認 T

//ファイル:T//

internalField   uniform 273; //部材温度//

boundaryField
{
    "(patch1|patch3)"
    {
        type            zeroGradient;
    }

    patch2
    {
        type            fixedValue;
        value           uniform 273; //表面温度//
    }

    patch4
    {
        type            fixedValue;
        value           uniform 573; //表面温度//
    }
}

設定確認 transportProperties

DT              4e-05;

設定確認 controlDict

application     laplacianFoam;

startFrom       latestTime;

startTime       0;

stopAt          endTime;

endTime         3;

deltaT          0.005;

writeControl    runTime;

writeInterval   0.1;

purgeWrite      0;

writeFormat     ascii;

writePrecision  6;

writeCompression off;

timeFormat      general;

timePrecision   6;

runTimeModifiable true;

設定確認 decomposeParDict

numberOfSubdomains 4;

method          scotch;

設定確認 fvSchemes

ddtSchemes
{
    default         Euler;
}

gradSchemes
{
    default         none;
    grad(T)         Gauss linear;
}

divSchemes
{
    default         none;
}

laplacianSchemes
{
    default         none;
    laplacian(DT,T) Gauss linear corrected;
}

interpolationSchemes
{
    default         linear;
}

snGradSchemes
{
    default         corrected;
}

設定確認 fvSolution

solvers
{
    T
    {
        solver          PCG;
        preconditioner  DIC;
        tolerance       1e-06;
        relTol          0;
    }
}

SIMPLE
{
    nNonOrthogonalCorrectors 2;
}


スポンサーリンク

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました