OpenFOAM

T705 OpenFoam コマンド確認

この記事は約3分で読めます。

OpenFoamでのコマンドを確認したものです。

setFieldsDict

境界条件を設定するコマンド。setFieldsDictはファイルでコマンド「setFields」で実行されます。
以下、T721_031_r1 buoPim hotRoomにて確認。

入力

元のsetFieldsDict

defaultFieldValues
(
    volScalarFieldValue T 300
);

regions
(
    boxToFace
    {
        box (4.5 -1000 4.5) (5.5 1e-5 5.5);

        fieldValues
        (
            volScalarFieldValue T 600
        );
    }
);

下記変更

defaultFieldValues
(
    volScalarFieldValue T 300
);

regions
(
    boxToFace
    {
        box (1.5 -1000 4.5) (2.5 1e-5 5.5);

        fieldValues
        (
            volScalarFieldValue T 600
        );
    }
);

結果

setFieldsによる変更差

X軸のマイナス方向に2mだけ移動しています。

備考

setFieldsを実行すると0フォルダ内のTファイルが更新されます。

boundaryField
{
    floor
    {
        type            fixedValue;
        value           uniform 300;
    }

    ceiling
    {
        type            lumpedMassWallTemperature;
        kappaMethod     fluidThermo;
        kappa           none;
        mass            1000;
        Cp              4100;
        value           uniform 300;
    }

    fixedWalls
    {
        type            zeroGradient;
    }
}
boundaryField
{
    floor
    {
        type            fixedValue;
        value           nonuniform List<scalar> 
400
(
300
300
300
・・・・・//略(温度を設定する)//
300
300
)
;
    }
    ceiling
    {
        type            lumpedMassWallTemperature;
        kappaMethod     fluidThermo;
        kappa           none;
        mass            1000;
        Cp              4100;
        value           uniform 300;
    }
    fixedWalls
    {
        type            zeroGradient;
    }
}

初期温度表示 要素(緑)と節点(黄色)

境界条件して設定されているのは要素面のようです。

コメント

Translate »