impact

T322 配線を束ねる impact

この記事は約2分で読めます。

impactのROD要素を扱ってみました。ワイヤーが配線を束ねるような動きをイメージしています。

配線を束ねる

対象 梁 ロッド要素

モデル化 SALOME・impactにてモデル化

条件 rod要素の接触 物性値は樹脂をイメージ(サンプルファイル参照)
   計算ステップを大きくするため、マススケールとして密度を1000倍(A090クーラン条件

 ワイヤーの線材:直径 1mm 配線:直径5mm ソリッドとシェル要素 接触用にシェル要素がついています(T304 メッシュ作業 impact )

参照元 ー

境界条件 ワイヤーの両端を回転・並進移動さえて、配線である3つをまとめる。

モデル図

ワイヤーの両端は下記図の回転制御点でコントロールされます。参照する座標系は節点1~3で定義されます。
3つ配線は両端をX軸とZ軸方向を固定しています。Z軸方向の固定はワイヤーと接触したとき下方へ離れてしまうのを回避するためです。

ワイヤー端点の制御節点
サンプルファイル 回転制御部

結果

上記図

作業 impact

モデルはFreeCADやその他のツールでビーム要素を作成します。 unvファイルで読み込みますが、節点だけ読み込まれて、要素情報は落ちてしまいます。 そのへんは今回は手動で作成しました。

その他の参考 :T305 プリ作業tips impact

サンプルファイル

(impact rod) assy_cable4_rod2_c.in

注記

計算自体は行えていますが、剛性や速度等の設定で接触がうまく機能できなかったりします。
また計算を行うコア数でうまくいかなかったりもするので、検証がかさむことも考えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました