impact

T304 メッシュ作業 impact

この記事は約1分で読めます。

impactで作業する際の覚書です。

rod要素の作成 一次元要素

impact 要素作成 一次元要素
一次元要素の作成

アイコンをクリックしてnode1とnode2に設定します。選択できればIDが表示されます。
タイプにRod_2・Beam_2とContact_Lineがありますが、Beam_2は解析実行時にまだ実装されていないとエラーがでます。

ソリッド要素の接触

impactにはSolid_Iso_6(六面体)とSolid_Iso_4(四面体)のソリッド要素がありますが、接触の判定は持っていないようです。ですので、表面にシェル要素を持たせるといった必要があります。

参考: T322 配線を束ねる impact

コメント

タイトルとURLをコピーしました