CalculiX

T221 熱伝達解析2

この記事は約1分で読めます。

下図のような状態に置いたもの(cube)の上面の温度を求めます。
(フォーマットデッキ:FILM)

ice cube 熱伝達解析条件
ice cube 熱伝達解析条件

対象 六面体要素

室内に氷(のようなもの)を置いた場合の解析を行いました。

参照:A640 熱伝達解析

モデル化: テキスト作成

ソルバー :CalculiX(2.16)

ポストプロセッシング:CalculiX GraphiX

条件 : 

サイズ:10㎜×10㎜×10㎜

線膨張係数:1.200e-05 (1/K)

温度条件:室温20℃
     氷の下面は0℃固定

伝導率:2.2.00 W/m/K (ミリトン系と変わらないのでSI表示)

比熱:(定常で行うので不要)

密度:(定常で行うので不要)

熱伝達係数:0.01 (Nmm/s・1/mm2/K)

作業: テキスト処理

結果

ice cube 熱伝達解析結果
ice cube 熱伝達解析結果

温度(軸方向)
項目 値 (K)
最大温度 0.87
最小温度 0

作業 テキストエディット

サンプルファイル : ice_cube2.inp

参考

T206 要素面のルール

コメント

タイトルとURLをコピーしました