FreeCAD

T124 FreeCAD 2D製図 Draft

この記事は約2分で読めます。

FreeCAD(Ver0.20)でDraft(製図)する場合の覚書です。

FreeCADではTechDrawのモジュールで3Dモデルを図面化できます。
しかし TechDraw では、2D図面の作成に対応していないようです。
そこで、Draftで3D上で2D作図を行います。
描画のアイコンの種類が限定的で、補助的な位置づけにとどまるみたいです。
(アノテーション用?またはジオメトリの再作成(シェイプ作成))

基本の流れ

① モジュールから「Draft」を選択します。

Draft起動
Draft起動

② ラインを描く作業平面の設定を行います。グリッド表示を行うと便利です。
作業平面を「上面(XY)」にして、グリッド拡張で領域を調整できます。間隔やスナップ半径は任意で調整します。変更すると随時、反映してくれます。

描画プレーン設定
描画プレーン設定

③ スナップの設定を使って、ラインを描いていきます。
寸法は左手方向に表示されるようです。

描画補助
オペレーション1

描画と編集は以下のアイコンになります。

アイコン領域
draft操作

④レイヤーを作成して格納します。
TechDrawでひとまとめの表示が行えます。

レイヤー作成
レイヤー作成
オペレーション2

⑤表示したビューはプロパティでコントロールできます。

ビューコントロール

コメント

タイトルとURLをコピーしました