FreeCAD

T103 FreeCAD tips FEM

この記事は約2分で読めます。

FreeCADの操作の覚書です。FEMモジュールに関してです。

Tips FEMモジュール

ノード情報(Ver0.18)

節点情報の取得1

ツリーの要素をアクティブにするとNode setが選べるようになります。

節点情報の取得2

ポリゴンの選択方法で、節点がある位置を囲うと取得できます。

節点情報の取得3

set内の節点はポイントで可視化されているので、カーソルを合わせるとウィンドウの下に番号と座標の情報が見て取れます。

コンタバー

下図のアイコンでコンタ表示が追加されます。

表示と、値が設定できます。(内容はParaViewを削った感じですので、vtkで書き出して、ParaViewで操作する方がいろいろ都合がよいです。(下記))

Gmeshアイコン

FreeCAD上でビーム要素はGmeshで作成できます。要素サイズを調整して適用します。

Gmrshアイコン

結果ファイルをParaViewへ

■Paraviewでの確認

結果を選択してエクスポートで書き出します。vtk形式だとParaviewで読み込めます。

結果ファイルの書き出し

Openで書き出したVtkファイルを読み込みます。

Paraviewでの読み込み

増分(インクリメント)のある解析だと、個別に書き出す必要があります。
書き出してしまえば、読み込み時はParaViewがシーケンスとして読み込んでくれます。
frdについては、途中ですが変換ページを作成しました。T921 テキスト処理toVtk(仮)
もしくはpythonコンソールで書き出し指定できます。vtk形式の出力

Tips Partモジュール

fusionコマンド

freecad fusion

FreeCADの要素作成は2BODY以上を作成できないので、FUSIONコマンドで一つにまとめて作成する必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました