資料

R020 単位変換

この記事は約1分で読めます。

伝熱

解析で伝熱を取り扱う場合、構造解析との兼ね合いから、トンミリ系にしておくと都合がよいです。
また、流体関係だとkg m系の方が使い勝手がよさそうです(物性値のデータ表記に多いため)。

項目kg m系ton mm系備考
熱伝導率1 W/mK1 Nmm/sec / mmK数値換算は不要
熱伝達率1 W/m2K1e-3 Nmm/sec /mm2Kワットメートルから1000分の1
比熱1 J/kg K1e+6 Nmm/ton K非定常にて使用
熱流速1 W/m21e-3 Nmm/sec /mm2ワットメートルから1000分の1
密度1kg/m3 1e-9ton/mm3

コメント

タイトルとURLをコピーしました