伝熱

K085 発熱体による熱伝導

この記事は約1分で読めます。

発熱体からの伝熱計算です。(定常、単位系:m,kg,K)
初期値はT542 発熱体による解析 Elmerと同じです。

計算モデル図
入力(発熱量用の補助)
項目 項目 項目
heatSoruce(HS) 密度ρ(kg/m3) 体積V(m3)
発熱量W(W)

\begin{align}
\small  W = HS × ρ × V
\end{align}

HS:elmerでの入力値

発熱量を計算して下記テーブルに入力します。(複数ある場合には別途合計)
発熱量が決まっている場合には下記テーブルに直接入力してもよいです。

入力
項目 項目 項目
発熱量(W) T1(K) λ(W/mK)
L(m) dx(m) A(m2)
結果
項目
T2

\begin{align}
\small  T_2 = W × dx / λ / A + T_1
\end{align}

 

保留:Lによるグラフ表示

コメント

Translate »