伝熱

K084 伝熱計算 熱流束

この記事は約1分で読めます。

熱伝導のオーダーチェック用 (参考:ccxでの計算 T222 熱流束の解析

熱流束モデル図
熱流束模式図

熱流束qが伝導率λ、板厚bの物体に流入する際の表面温度を結果とする場合です。
t1は物体の逆側の表面温度になります。

\begin{align}
t0 = q\frac{b}{λ} + t1
\end{align}

入力(単位系をそろえる。qとb)
項目
熱流束q(\begin{align}
\frac{Nmm}{sec} \frac{1}{mm^2}
\end{align})(W/m2)
熱伝導率λ(W/mK)
軸方向寸法b(mm)(m)
外面温度t1(K)


結果
項目 内訳
熱流束面温度t0(K) q×b/λ + t1

コメント

タイトルとURLをコピーしました