伝熱

K081 熱膨張変位

この記事は約1分で読めます。

熱膨張変位のオーダーチェック用

梁の熱膨張
\begin{align}
\small dx = α×(t1-t2)×L \\
\end{align}

【入力値】
長さL = ,線膨張係数α = ,温度t1 = ,温度t2 =
【結果】
変位dx = 0
温度差 = 0

長さL(mm)(初期値が強制で入ります)

線膨張係数α(1/K)

温度t1(K)

温度t2(K)

 

計算後も初期値が強制で入ります


コメント

タイトルとURLをコピーしました