強度特性

K072 固有周波数計算 板

この記事は約1分で読めます。

板形状の一次固有値を計算します。(オーダーチェック用)
解析ではA520 固有値解析 板形状になります。(ずれが大き目です。PM値は仮です。)

plate model

\begin{align}
\small  f= \frac{1}{2π} \frac{PM}{a^2}\sqrt{\frac{D}{ρ_a}}
\end{align}

\begin{align}
\small  D= \frac{Et^3}{12(1-ν)}
\end{align}

入力
項目
a(mm)
アスペクト比
厚さ t(mm)
ヤング率 E(MPa)
ポアソン比 ν(-)
密度 ρ(ton/mm3)
端条件

中間計算
項目
b(mm)
曲げ剛性 D
単位面積当たり質量 ρa(ρ×t)
PM

固有値計算
項目
一次固有値 f(Hz)



コメント

Translate »