強度特性

K056 ねじり 計算 丸棒

この記事は約2分で読めます。

オーダーチェックに使用(参考:A113 丸棒 ねじり

軸のねじりについて計算

入力寸法
部位 長さ(mm)
L
r
任意位置L
入力荷重
トルク 入力値(N)
T
物性値
項目 入力値(N/mm2)
ヤング率 E
ポアソン比 ν

半角数字で入力

結果
項目 結果値
回転距離 (mm)
ねじり応力 (N/mm2)
回転距離任意位置 (mm)

【中間計算】

 せん断弾性係数
\begin{align}
G = \frac{E}{2(1+ν)}
\end{align}

 極断面二次モーメント
\begin{align}
Ip = \frac{π(2r)^4}{32}
\end{align}

 極断面係数
\begin{align}
Zp = \frac{Ip}{r}
\end{align}

 円周
\begin{align}
Cir = 2πr
\end{align}

【計算式】

 ねじり応力
\begin{align}
τ = \frac{T}{Zp}
\end{align}

 回転角度 (任意距離の場合、Lは端固定からの位置)
\begin{align}
Θ = \frac{TL}{GIp}(ラジアン)
\end{align}

\begin{align}
φ = Θ×180 / π(°)
\end{align}

 ねじれ距離
\begin{align}
δr = Cir × φ / 360
\end{align}




コメント

タイトルとURLをコピーしました