CalculiX

T201 CalculiXのインクリメント表示(結果)

この記事は約1分で読めます。

CGXによる表示

CalculiXの結果表示について
整理しています。片持ち梁の例題を使っています。

例題Bのモデルに対して作業を行っています。CCXのランチャーからCGXポストで開きます。
00:10 inc10 変位(ds 28)を選択して、最大変位量としてます。
00:15 変位成分をALLとします。
00:24 増分表示させるために、データセット(ds)を1(始まり) 4(inc2のdisp) 28(最終incのdisp)と指定します。(コマンドプロンプトの方をアクティブにせず、エンティティ表示ウィンドウをアクティブにして入力します。)

※動画にはマウスアイコンは表示されていません

vtkファイルによるParaview表示

汎用的なポストプロセッシングツールのParaViewで確認する場合です。

ねじり結果 変形100倍

一旦、FreeCADでCalculiXの結果ファイル(*.frd)を読み込んで、vtk形式で保存します。
参考:結果ファイルをParaViewへ

過渡解析の場合には増分毎に結果が作成されますので、
結果毎に保存します。
手間な場合には、pythonコードで出力させたり(vtk形式の出力)、
暫定ですが、frdファイルの変換ページを作成しました。(T921 テキスト処理toVtk(仮)途中)

コメント

タイトルとURLをコピーしました