解析作業

A710 水圧

この記事は約2分で読めます。

対象 2D解析

Elmerを用いて水圧の確認をしてみました。
形状は、梁の解析と同じく、100×10mmの平面で行っています。

参照:A153 片持ち梁 平面ひずみ要素

ジオメトリ作成: FreeCAD

メッシャー:salome

プリプロセッサ:ElmerGUI

ソルバー :Elmer

ポストプロセッシング:ParaView

条件:

水圧確認モデル図
水圧確認モデル

水:密度 0.9983e-9 ton/mm3
重力:9800mm/s2

結果

水圧結果

水圧の計算は以下になります。(深さ10mm)

\begin{align}
P = ρgh
 = 0.9983e-9×98000×10 = 9.78e-5
\end{align}

作業

FreeCADで100×10mmの平面形状を作成します。
T131 モデリング

水圧計算用ジオメトリ
ジオメトリ

作成したジオメトリを用いてsalomeで要素を作成します。
また、境界条件設定用のエッジ要素グループも作成します。
T405 メッシュ作成 例

作成した要素をElmerGUIに取り込んで条件設定します。

結果をParaViewで確認します。

T521 Elmer 作業例

特記

圧力設定をします。
Body force >Navier-Stokes>Hydrostatic pressure

コメント

タイトルとURLをコピーしました