解析作業

A652 輻射の解析 Elmer 定常

この記事は約2分で読めます。

下図のように輻射の解析を試してみました。

輻射 (K)

対象 四面体要素(一次要素)

形状モデル化: FreeCAD 0.20

メッシング:salome9.7.0

プリプロセッシング:ElmerGUI

ソルバー :Elmer

ポストプロセッシング:paraview5.10.0

条件 : 単位系はkg,m,Kで行っています。物性値はElmerのIronで行っています。

K092 輻射計算(面温度)(仮)の初期設定値と同じになります。形状サイズが異なるのでスケールで調整が必要です。

モデル図

サイズ:1m×1m×1m 2個
    空間 1m

温度条件:高温側400K、低温側300K

伝導率:80.2 W/m/K (ミリトン系と変わらないのでSI表示)

比熱:(449 J/kg K)

密度:(7870 kg/m3

輻射率:0.9(両方とも)

解析時間:定常

特に指定のない表面:断熱

ステファンボルツマン定数:5.67e-08 W/m2K4

作業: 

結果

温度
項目 値 (K)
被輻射面 309.5K

閉じた系として計算しています。

作業

その他のElmerの作業が参考になるとおもいます。
A651 輻射の解析 Elmer の形状、設定の流用可能です。

■形状作成
作業については、以下が参考になると思います。
A110 例題A 片持ち梁の解析
T131 モデリング

■メッシュ作成

サンプルファイルA652_mesh.unv

■解析モデル作成

サンプルファイルA652.zip

参考

覚書
形態係数(ViewFactors.dat)整理のこと
追記:K090 形態係数

コメント

Translate »