解析作業

A210_1 例題J OpenModelica

この記事は約1分で読めます。

A210 例題J 質量要素 の内容をOpenModelicaにて行ってみました。

片持ち梁 質点
質量要素付き
modelicaモデル

対象 box body

質量要素を作成して自重をかけて挙動を見ます。

参照A210 例題J 質量要素

モデル化: OMEdit

ソルバー :OpenModelica

ポストプロセッシング:OMEdit

条件:重力場にボックス要素をつなげて、先端に質量を設定

梁寸法 100mm×10mm×10mm

先端質量 101.972 kg

重力加速度 9.80665 m/s2

※先端重量 101.972 kg × 重力加速度 9.80665 m/s2 = 1000 kg·m/s2 (N)

作業:下記

結果

modelica結果表示

bodyboxの値
項目
a端 フォース 1000 N
a端 モーメント 100 N・m
b端 フォース -1000 N
b端 モーメント 0 N・m

作業

サンプルファイルA210_beam_mass.mo

注記

コメント

タイトルとURLをコピーしました