解析作業

A172 弾塑性の解析 impact

この記事は約2分で読めます。

対象 梁 ソリッド要素

モデル化 impactにてモデル化

条件 計算シートの内容に準拠(K041 断面性能 四角断面

梁断面 10㎜×10㎜ ヤング率 210000MPaとしています。

参照元 A110 例題A 片持ち梁の解析 のソリッドデータを引張として使用

境界条件 端面を強制速度で引っ張ります。

SS線を定義 弾性部に塑性部を追加 
MATERIALS OF TYPE Elastoplastic
mat2 E = 210000 NU = 0.3 RHO = 0.0000000079 YIELD_STRESS = [0,900,0.04,1100,0.2,1200]

YIELD_STRESS = [ひずみ0,応力0,ひずみ1,応力1,・・・]のフォーマットで入力します。

結果

impact 変形図

塑性考慮の場合には一定の応力下で変形し続けています。

作業 impact

SS線を定義

impactのGUIでは、PreもしはProでテキスト入力する必要があります。Preでは材料登録ができます。検討することが多くなるので、Processorタブでテキスト修正するでも十分です。

補足
impactでの塑性の設定ですが、違ったパターンの指定もできます。


epsteel E = 210 RHO = 0.0000078 NU = 0.3 YIELD_STRESS = 0.180 EP = 0.1

steel2 E = 210 RHO = 0.0000078 NU = 0.3 YIELD_STRESS = [0,0.180,0.3,0.220,2.0,0.250] ←上記設定

v_steel E = 210 RHO = 0.0000078 NU = 0.3 YIELD_STRESS = [0,0.180,0.3,0.220] V1 = 0.2 Y1 = [0,0.200,0.3,0.240]

試験データにうまく合わせればいいかと思います。

サンプルファイル

baem_SS_impact.in

その他

結果出力については、T302参照

コメント

タイトルとURLをコピーしました