解析作業

A160_1 片持ち梁の解析 動解析(CCX 陰的)

この記事は約1分で読めます。

A160_0 片持ち梁の解析 を用いて以下確認します。

動解析確認

CCXで動解析作業する場合の実施確認です。

減衰の入力

stepのブロック間に以下のようなDAMPINGのコマンド行を記入します。

*DAMPING,ALPHA=23.5227674,BETA=0.0000141

上記は、833~2000Hzを減衰0.02を定義するようにしたレーリー減衰になります。
A091 レーリー減衰 にてα、β定義)

だんだんと振幅が収まっているのが確認できます。

サンプルファイル: bar_check_32R_SF_dyn2_C.inp

ニューマーク

確認中。。。

ダッシュポット要素

確認中。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました