A構造解析

A090 クーラン条件

この記事は約1分で読めます。

クーラン条件の計算

陽解法では、計算ステップを決定する必要があります。物体に変化が生じるとき、内部に応力波が伝わりますが、この速さを超える時間で計算を行うとうまくいきません。なので、計算プログラムが算出して計算することになります。
リソースを活用するために、計算ステップタイムを大きくとることが行われますが、ユーザーができることとして、要素のサイズと密度(マススケール)を検討することがあります。

\begin{align}
\small t = \frac{l}{c} \\
\end{align}

\begin{align}
\small c = \sqrt{\frac{E}{ρ}} \\
\end{align}

求めたい項目を空欄にしたまま計算
項目
要素長L(mm)
ヤング率E(MPa)
密度ρ(ton/mm^3)
増分時間Δt
応力速度C

半角数字で入力

コメント

タイトルとURLをコピーしました