A構造解析

A010 解析モデル形状

この記事は約1分で読めます。

構造解析(FEM)のモデルは要素形状別に以下のように分類されます。

・ワイヤーモデル(一次元要素)

・シェルモデル(二次元要素)

・ソリッドモデル(三次元要素)

用途としては、柱等の鋼材で構成されるものについては、ワイヤーモデル。

板金ものについてはシェルモデル。

部分的(溝、孔)・接触を検証する場合等にソリッドモデルが使用されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました